好きな名言・心に残っている言葉は何ですか?

3月は卒業シーズン。新たな場へ飛び立つ方に餞の言葉を送る方、または愛ある言葉の花束をすでに受け取った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?3月のChat Timeはそんな思いからテーマを「あなたが出会った名言・好きな言葉」としていました。主宰者の事情で取り止めにしてしまいましたが、代わりに今日のブログのテーマにしたいと思います。

今回の名言ラインナップはこちら!

  • “Where there’s a will, there’s a way.”
  • “If you want to turn a vision into reality, you have to give 100% and never stop believing in your dream.”
  • “Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.”
  • You’re your own enemy.
  • “One language sets you in a corridor for life. Two languages open every door along the way.”

“Where there’s a will, there’s a way”

大変有名な英語のことわざです。一説によれば、奴隷解放宣言でも有名な第16代アメリカ合衆国大統領であるリンカーンの言葉であるとも言われています。様々な日本語訳があてられていますが、私が好きなのは「意志あるところに道は拓ける」という訳し方です。

私Hirokoは、「英語の好きな名言は何ですか?」と聞かれたら、真っ先にコレを答えます。自分の意志をしっかり持つこと、それが自分の人生を切り開くことや未来への希望につながることを教えてくれていると感じています。人生は選択の連続です。その選択には必ず自分の意志が関わります。主体的に人生を生き抜いていくには、自分の心にある思いを大切に、または自分がどうありたいのかを意識することが重要だと思います。このことについては、別の機会に😊

“If you want to turn a vision into reality, you have to give 100% and never stop believing in your dream.”

こちらは、元カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんの言葉です。「シュワちゃん」の呼び名の方が馴染みがあるかもしれませんね😊「もし思い描いていることを現実にしたいのなら、それに100%を注ぎ込まなければならない。そして夢を信じることを決してやめるな」という内容です。

これから何か新しいことに挑戦する人、または今挑戦している人に、100%の本気で取り組むことの重要さと簡単にはあきらめるべきではないということを諭してくれる言葉だと思います。みなさんは100%の力で何かに取り組んだことはありますか?または取り組みたいことはありますか?

“Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.”

こちらは、公式LINEのご登録者さんからいただきました。とても力強い言葉ですよね!日本語で言えば「明日死ぬかのように生きろ、永遠に生きるかのように学べ」という感じでしょうか。毎日を精一杯生きることの大切さ、学びを得ることのすばらしさを感じさせてくれる言葉だと思いました。

どこかおサボり気味な時、やる気の出ないときにこの一言は心に響くのではないでしょうか😊

You’re your own enemy.

こちらは、私が教員採用試験を控えていた時に、通っていた英会話スクールの先生に励ましの一言として言われた言葉です。もう20年近く前の話になります。「あなたがあなた自身の敵」ということです。緊張でうまくいかないのも、ケアレスミスも、そうなってしまう自分を乗り越えることが大事なんだよ、という意味で声をかけてくれました。試験に行く途中も、試験が始まる直前も、この言葉を思い起こしていた記憶があります。そしてこの年に教採を突破したのでした。だからずっと心に残っているのです😊

“One language sets you in a corridor for life. Two languages open every door along the way.”

最後は、Tobira English learning club(英語学習クラブ「扉」)の名にちなんだ名言をご紹介します。こちらは、心理言語学者のFrank・Smithの言葉です。一例として「1つの言語は、あなたを人生の廊下に立たせる。 2つの言語は、あなたが行く先の全ての扉を開く。」と訳されています。2つ以上の言語を理解することは、人生の可能性を広げてくれることを教えてくれています。心から同感です😊

Tobira English learning clubは、英語学習において、みなさんそれぞれがそれぞれの扉を開いて、新たな世界に進むことをサポートしたいと考えているクラブです。みなさんにとっての「扉」はどんな扉でしょうか?そのカギが見つからないとき、いつでも声をかけてくださいね。特に学習を始めたばかりのみなさん向けのカギ、たくさん揃えています😉

カギの種類も増やしていきたいな。

次回の英語学習会は4月14日(水)10時、Chat Timeは4月28日(水)12時です。
コーチングプログラム、プライベートレッスンについてもお気軽にお問い合わせくださいね!公式LINEからのお問い合わせが便利です。

  • ブックマーク