その日本語はどんな英語にできる?【パラフレーズ】

1月の英語学習会のテーマは「パラフレーズ」。前回に引き続いてのテーマでした。

今回は、スライドで様々な文やフレーズを共有し、それを「別の表現で」「もっと簡単に」変えてみたり、イラストや写真の描写をしました。

こんにちは。英語講師・英語学習コーチのHirokoです。「その先の英語学習が楽しくなる!」をモットーに、英語をがんばりたいみなさんのお手伝いをしています。

同じ場面を見ていても、表現の仕方は人それぞれです。

それが楽しくて、そして語彙が広がります!

違う言い方をすれば、頭の中に浮かんだ日本語は1つの英語にしかならない、なんてことはナイのです。

分かりやすい例を出せば「予約する」

予約する→make a reservation / book / reserve

地域によってよく使われたり使われなかったりの違いはあると思うけれど、どれでも伝わります!

考えてみれば、日本だって地方によって言い方が違うものっていっぱいありますよね。

いつも適当に言ってしまうニホンゴ。

Let’s take turns driving!
「順番に運転しよう」

→「順番に」をみなさんの地域では何て言いますか?

私は最近「4」を言ってる自分に気づきました。

1 かわりばんこ
2 こうたいこうたい
3 じゅんばんこうたい
4 じゅんばんじゅんばん
5 その他

大切にしたい意識は『○○(日本語)」は英語では「□□」と言う』と辞書的に考えるのではなく、自分の知っている言葉を使っていかに「伝える」か。

そして、語彙を増やすということは、自分の気持ちをピタッと表してくれる言葉に出会える確率を高めることにつながります。だから、基本的な語彙を身につけた後は、1つの言葉を別の表現で言う練習をしてみたり、より適切な言葉を探すことはとても価値のあることだと言えます。

また、「より簡単な(シンプルな)言い方」を学ぶことは、自分の気持ちを相手に伝えやすくするのに役立ちます。

「パラフレーズ」をテーマにした英語学習会、予定時間を超えて話が弾むのでもうしばらく続けようかな、と思っています。

次回は3月16日(水)10時から開催の予定です。Zoomですので、どこにお住まいでもご参加いただけます。無料です。

お問い合わせは公式LINEまたは「お問い合わせフォーム」よりお気軽にどうぞ。

  • ブックマーク